お問い合わせ(医療関係者の方)
アクセス
レジデント・研修医募集 詳細はこちら

脳血管障害

  • 医療関係者様 脳神経外科医を目指す方へ レジデント研修医募集 お問い合わせ こちらからどうぞ
  • レジデント研修医募集
  • お問い合わせ こちらからどうぞ
患者様へ 外来受診について
宇都宮脳脊髄センター
HOME»  専門治療紹介»  脳血管障害

特色

  1. 当院の脳血管障害治療チームでは、脳卒中拠点病院として、クモ膜下出血や脳出血・脳梗塞などの脳卒中に対し、24時間救急入院・検査・手術が可能な体制を万全に整えております。
    特に、脳神経外科専門医と脳卒中専門医の両方の資格を持つスタッフ、血管内治療専門医の資格を持つスタッフが常時オンコール体制で待機しており、治療方針の決定から手術まで、迅速かつ適確に対応しております。
    ☆重症例や全身状態の良くない場合でも、救命センターと密に連携して集学的な全身管理を行う体制をとっており、治療成績の向上を可能にしております。
  2. 脳ドックなどで発見された無症候性の未破裂脳動脈瘤や、脳梗塞の前兆症状などで見つかった虚血性脳血管障害に対しての予防的手術も、徹底した安全管理のもとで、積極的に行っております。
  3. すべての疾患について、開頭手術、血管内治療、定位手術、ガンマナイフと、あらゆる治療オプションから、最も適した治療法を選び、さらに必要に応じてこれらの治療を組み合わせて、大学病院ならではの集学的な治療を行っております。
  4. とくに大学病院ならではの手術支援設備として、ナビゲーションシステム、ドップラー血流計、蛍光血管撮影装置、誘発電位モニタリング、術中脳血管撮影、神経内視鏡、などを完備し、徹底した安全管理のもとに手術を行っております。
  5. 脳卒中に対する総合的な取り組みが高い評価を得て、別冊宝島の全国病院実力度ランキングの脳卒中部門で、全国2位、関東ブロックで1位にランキングされました。

対象疾患と治療方法の選択

  1. くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤:開頭クリッピング術、血管内治療による動脈瘤コイル塞栓術など
  2. 脳動静脈奇形:開頭による摘出術、ガンマナイフ治療、血管内治療による塞栓術
  3. 脳内出血:開頭による血腫除去術、穿頭による定位的血腫吸引術
  4. 虚血性脳血管障害(脳梗塞及びその前兆発作):脳血管バイパス術、頚動脈内膜剥離術、血管内治療による経皮的血管拡張術およびステント留置術

以上のうち、血管内治療(虚血性脳血管障害の血管形成術、脳動静脈奇形塞栓術および動脈瘤のコイル塞栓術)については、血管内治療のページもご覧ください。

脳動脈瘤

脳動脈瘤の治療では、開頭して行うクリッピング術と血管内治療(コイルによる動脈瘤塞栓術)のそれぞれの利点を生かし、専門スタッフがその治療にあたっています。
2008年度1年間の手術数は、開頭クリッピング術84例(うちクモ膜下出血は36例、未破裂脳動脈瘤は48例)、コイルによる塞栓術18例でした。

開頭クリッピング術では、動脈瘤手術経験総数1020例(うち未破裂脳動脈瘤経験数430例;2006年10月現在)の専任スタッフが、手術を担当しています。
過去4年間の未破裂脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術では、神経学的後遺症発生率は1.6%、脳ドックで発見された無症候性の動脈瘤だけで見ると後遺症発生例はありませんでした。

手術の迅速さを競う訳ではありませんが、熟達度を反映して、一般的な発生部位である、内頸動脈後交通動脈分岐部、前交通動脈、中大脳動脈分岐部の無症候性未破裂脳動脈瘤では、開頭クリッピング術の平均手術時間は2時間7分(皮切開始から閉創まで)、平均在院日数は11.6日でした。

破裂・未破裂を問わず、経験と高い技術が要求される難しい動脈瘤である、眼動脈分岐部動脈瘤や椎骨動脈動脈瘤について、全国的にみても有数といえる経験豊富なスタッフが手術を担当し、その手術法や成績を学会誌などに発表しています。

資料1.眼動脈分岐部動脈瘤の手術成績
クリッピングを行った78動脈瘤(破裂35、未破裂44)
合併症:手術死亡なし;視力視野障害なし(一過性の視野障害2例あり);大脳高次機能障害なし;麻痺・失語などの局所症状の後遺症なし
未破裂例は全例もとの職場または生活に復帰
河本ほか:内頸動脈硬膜輪近傍動脈瘤の手術成績.脳卒中の外科31:113-119, 2003、などより抜粋、一部データ更新)

資料2.椎骨動脈動脈瘤の手術成績
クリッピングを行った41動脈瘤(破裂28、未破裂13)
手術結果:未破裂例13・破裂慢性期手術例10:合併症なし
軽症くも膜下出血の早期手術例:11例中2例で一過性の下位脳神経麻痺出現(3か月以内に消失)
重症くも膜下出血例:全例予後不良
(河本ほか:椎骨動脈後下小脳動脈分岐部動脈瘤の手術成績.脳卒中の外科32:362-369, 2004より抜粋、一部データ更新)

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形については、手術的摘出とガンマナイフによる定位放射線治療の両方に精通した専門スタッフにくわえ、血管内治療の専門スタッフが万全の体制で臨んでおり、大学病院ならではの集学的治療が可能となっています。
開頭手術・血管内治療・定位放射線治療の3つの組み合わせによって、ほとんどの脳動静脈奇形が安全に治療可能となりました。

脳内出血(高血圧性など)

脳内出血に対しては、開頭血腫除去術と定位的血腫吸引術とを状態に応じて使いわけ、治療を行っています。
2008年度の脳出血に対する手術件数は、開頭血腫除去術21例、定位的血腫吸引術5例でした。
発症後早期にリハビリテーション(機能回復訓練)を開始する点が、治療プログラムの特色となっており、社会復帰率を高める大きな要因となっています。

脳虚血性疾患(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)

脳虚血性疾患に対しては、ポジトロンCT(PET)を含めた脳血流検査・および脳血管撮影の結果から、厳密な基準で適応を検討し、手術経験豊富な専門スタッフが脳血管バイパス術を行っております。
脳血管バイパス術の安全性および有効性はきわめて高いものとなっており、2008年度の手術件数は17件のうち、バイパス閉塞例はなく、後遺症の発生もありません。

さらに最近では、血管内治療によって狭窄部位を広げる方法を取り入れ、年齢的な問題や全身合併症(心臓病、糖尿病など)のために、全身麻酔が危険と判断された場合でも、安全に治療ができる体制を整えております。

また、本院神経内科との協力体制を確立し、脳梗塞超急性期(発症3時間以内)の血栓溶解術にも24時間体制で積極的に取り組んでおり、脳卒中センターとしての重要な役割を担っております。(血管内治療のページを参照)

PAGE TOP