お問い合わせ(医療関係者の方)
アクセス
レジデント・研修医募集 詳細はこちら

脳血管内治療

  • 医療関係者様 脳神経外科医を目指す方へ レジデント研修医募集 お問い合わせ こちらからどうぞ
  • レジデント研修医募集
  • お問い合わせ こちらからどうぞ
患者様へ 外来受診について
宇都宮脳脊髄センター
HOME»  専門治療紹介»  脳血管内治療

脳血管内治療とは、

血管内治療とは、その名のごとく血管の「内部」より処置を行い治療を行う方法です。

昨今のレントゲン装置、カテーテルやステントなどの使用器具、薬剤や術後管理方法の進歩、さまざまな見地や技術の進歩の影響で、一昔とは比べものにならないほど安全な治療となりました。

多くはカテーテルと呼ばれる細い「管」を用いて血管の内部より病変に到達し、血管を「閉塞」させ、血管を「拡張」させ、病変のみに高濃度の薬剤を「注入」し、治療を行います。この技術はカテーテルが到達できる範囲であれば全身のどこでも可能で、狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈拡張術、肝腫瘍に対する腫瘍塞栓術などが有名です。

ただし、頭蓋内動脈は他の部位より細く、非常に脆弱で、生理的な蛇行も強く、他の臓器と同様の道具や技術では合併症の危険が高かったのですが、最近は頭蓋内病変専用の道具も多数開発され、安全に行えるようになっています。

多くの場合は局所麻酔で可能なため、侵襲が非常に低いのが特徴です。

ただその反面で、非常に新しい治療であるため、何十年後といった長期成績が不明な点や、病変の特徴によりすべての患者さんに行えるわけではなく、血管内治療特有の合併症の危険もあります。

そのため外科手術の中でも特殊な技術が必要であり、本科でも日本脳神経血管内治療学会の指導医専門医資格をもつ専門のスタッフが手術の説明から実際の手術、術後の管理を担当いたします。

本科では、さまざまな検査で正確に病変を評価し、全身状態や患者さんの希望を考慮し、「従来の外科的手術」と「脳血管内治療」を使い分け、併用することで、短期的にも、長期的にも、本当に患者さんのためになる治療方法を選択することにしています。

対象となる主な疾患とその治療方法を列挙いたします。
詳細は外来や病棟にて専門スタッフに問い合わせください。

脳動脈瘤に対するコイル塞栓術

くも膜下出血で発症した破裂脳動脈瘤や、検査で発見された未破裂脳動脈瘤に対して、マイクロカテーテルを慎重に動脈瘤の内部まですすめ、直径約0.010インチ(約0.25mm)の非常に細くて柔らかい脳動脈瘤専用のプラチナ製のコイルを何本も留置し、血流が内部に入らないように堰き止め、「血管の内部より詰めてしまう」手術です。
局所麻酔でも可能で、全身状態が不良な方や高齢の方も手術が可能で、この10年間、さまざまなマイクロカテーテルやコイルが登場し、技術の進歩も相まって急速に普及しています。
欧米では動脈瘤治療の50~80%は本法で行われており、破裂脳動脈瘤に対して、クリッピング術よりコイル塞栓術の方が成績が良かったとの報告もあり、我が国でも急速に普及していますが、まだまだ専門医が少ないため、行える施設は十分とは言えません。
また、低侵襲ではありますが、あらゆる動脈瘤に行えるわけではなく、大きさ、形状によっては完全に塞栓することができないものや、不可能なものもあります。
本科では、さまざまな術前検査を駆使し、患者さんの状態や希望に基づき、開頭クリッピング術とコイル塞栓術を使い分け、併用して治療を行っています。

頸動脈狭窄に対するステント留置術(Carotid Artery Stenting: CAS)

脳梗塞、一過性脳虚血発作とよばれる、脳虚血性疾患の大きな原因の一つに、頸動脈狭窄症があります。これは、おもに高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、加齢などにより動脈硬化が進行し、「プラーク」と呼ばれる壁の著しい肥厚が進行し血管の内腔が狭くなり(狭窄)、やがては詰まってしまう(閉塞)病態です。またプラークの表面より沢山の血栓が形成され、剥がれ、脳の血管が詰まってしまいます。
これらに対して、従来は全身麻酔での頸動脈内膜剥離術(carotid endoarterectomy: CEA)が一般的でしたが、さまざまな道具の開発により、局所麻酔でのカテーテル治療(carotid artery stent: CAS)が安全に行えるようになりました。具体的には、狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療と同じように、狭くなった部分を風船のついたカテーテルを用いて内部より広げる方法です。ただ、そのままではプラークが激しく砕け、その破片が脳の血管に流れてしまい、ひどい脳梗塞をきたす危険があるのですが、近年、これを予防するために、プラークの手前や先で血流を堰きとめるための専用の小さな風船やフィルターが開発され、従来より安全に行うことが可能となりました。

現在のところ、頸動脈内膜剥離術(CEA)とステント留置術(CAS)のどちらが安全で長期的に有効なのか、世界中で調査されていますが、本科ではどちらの治療法も可能で、心臓を含めた頸動脈以外の血管狭窄の状態や患者さんの希望など、総合的に判断し、治療方法を決定しています。

脳動静脈奇形に対する塞栓術

脳動静脈奇形(arteriovenous malformation: AVM)は先天的な異常で、動脈と静脈が毛細血管を介さず、ナイダス(nidus)と呼ばれる異常な血管の塊を介してバイパスができている状態で、脳内出血、くも膜下出血、てんかん発作、精神異常、脳梗塞などの原因になります。
一般的には開頭摘出術、放射線治療(ガンマナイフ)、カテーテルを用いた塞栓術を組み合わせて根治を目指します。
それぞれの治療法には長所、短所が存在し、カテーテルを用いた塞栓術に関しては、局所麻酔で行うために低侵襲ではありますが、単独では根治率は低く、塞栓術特有の合併症の危険もあるため、一般的には脳の深部のものや大きなものなどに対する摘出術、ガンマナイフ治療の前に行い、根治率、安全性を高めるために行います。
本科はこれらすべての治療法が可能であり、それぞれの治療法の専門スタッフが綿密に議論し、患者さんにとって最良の方法を選択するようにしています。

脊髄動静脈奇形・動静脈瘻に対する塞栓術

脊髄にも先天的な動静脈奇形が発生し、また多くの場合は原因が明らかでありませんが、後天的にも動脈と静脈が直接つながってしまう「動静脈瘻」が発生することがあります。
これらに対しても脳と同様、全身麻酔下に摘出、遮断する方法と、局所麻酔下にカテーテルを用いた塞栓術、さらには長期成績はまだまだ不明ですが、放射線治療の選択肢が存在します。
もともと非常にまれな疾患で、また外科手術、カテーテル治療ともに高度な技術を要し、本科が脊髄脊椎疾患に対する治療経験が豊富なこともあり、本邦の多数の施設よりご紹介いただきさまざまな治療を行っています。
詳細に病変を調べ、さまざまな治療法を組み合わせて対応しています。

脳腫瘍塞栓術

肝細胞癌などに対する塞栓術と同様、脳腫瘍に対してもカテーテルを用いて栄養血管を閉塞させ治療する方法です。
一般的には髄膜腫や血管芽細胞腫など、摘出手術で出血量が多くなりがちな腫瘍に対して行います。摘出数日前に栄養血管を閉塞させ、腫瘍内部への血流を遮断することで、手術中の出血量が著明に減少し、安全に摘出しやすくすることを目的とします。
残念ながら、塞栓術単独では腫瘍は消失しませんが、長期的には腫瘍の大きさが小さくなるとの報告もあり、摘出術が困難な腫瘍に対して放射線治療と組み合わせて行うこともあります。

頭蓋内動静脈瘻(内頸動脈海面静脈洞瘻など)に対する塞栓術

外傷後、あるいは明らかな原因もなく、後天的に頭蓋内で動脈と静脈が直接つながってしまう「動静脈瘻」が発生し、眼球が突出し、結膜が充血し、耳鳴り、脳内出血、てんかん発作を起こすことがあります。代表的なものとして「内頸動脈海面静脈洞瘻」や各種「硬膜動静脈瘻」があります。
これらは一般的にはカテーテルを用いた塞栓術が非常に有効で、第一選択とされています。さまざまな塞栓方法にて動静脈瘻を消失させることで、多くの場合は直後より症状が著明に改善いたします。

頭蓋内動脈閉塞に対する超緊急再開通療法

心臓や大動脈などで発生した大きな血栓が脳の血管に流れ込み、突然閉塞する「脳塞栓症」に対して、一般的には発症3時間以内にt-PAと呼ばれる血栓溶解薬を点滴で大量投与することで再開通を図り、虚血状態に陥った脳組織を救い出します。
しかし、なんらかの原因でt-PAが使用できない患者さんや、発症後3時間以上経過して救急搬入された患者さんで、まだ脳組織を救い出せる状態の場合は、緊急で閉塞部位までカテーテルを進め、直接その部分に少量の血栓溶解薬を用いたり、風船のついたカテーテルを用いて血栓を砕いて再開通させる治療法があります。

その他、さまざまな疾患に対して血管の内側よりカテーテルをはじめとしたさまざまな器具を用いて治療しています。
詳細は、担当医にご相談ください。

PAGE TOP