お問い合わせ(医療関係者の方)
アクセス
レジデント・研修医募集 詳細はこちら

てんかん外科

  • 医療関係者様 脳神経外科医を目指す方へ レジデント研修医募集 お問い合わせ こちらからどうぞ
  • レジデント研修医募集
  • お問い合わせ こちらからどうぞ
患者様へ 外来受診について
宇都宮脳脊髄センター
HOME»  専門治療紹介»  てんかん外科
  • 当科では、難治性てんかんに対する外科手術を積極的に行っています。
  • 難治性てんかんでお困りの患者さんやそのご家族に、治療のひとつとして外科手術があることをお知らせし、手術の可能性のある患者さんやご希望の患者さんには、まず入院による検査をお勧めしています。

手術の対象となりうる患者さん

  • おくすりだけでは発作がコントロールされにくい患者さんや、けいれんを契機に見つかった脳腫瘍や脳血管障害の方が対象です。
  • 画像検査(MRIやCT)で異常を検出されたことがない方でも、手術が可能な場合があります。
  • 複雑部分発作や二次性全般化、非定型欠伸発作、ミオクロニー発作、脱力・失立発作などの発作をお持ちの方が手術の良い適応(手術するべきと判断すること)ですが、最近次第に拡大されつつあります。
  • 両側性や多焦点性の脳波異常(悪そうなところがあちこちにあるように見える)場合でも、種々の検査法を組み合わせ、本当に治療すべき敵の居場所を明らかにできることがあります。
  • 知能の低下や精神症状がある患者さんでも、ご家族にご協力いただいて検査・手術が行える場合もあります。

てんかんでお悩みのお子様をお持ちのご両親へ

  • 発作が消失すると集中力と活動性が増し、積極的になって学校の成績が改善する児童の方が多く見られます。就学前では、発達の遅れを抑えることができる場合が多くあります。
  • 集団行動が可能となり、社会生活に適応する準備ができるようになることがあります。ご家族の負担も減少することが期待されます。
  • 検査・治療のタイミングが重要で、遅れると充分な効果が期待できません。難治性と判断された場合は、いち早く外科手術の可能性を考慮すべきです。

外来受診

  • 初診の(初めてこちらに見える)方は、ゆっくりとお話をうかがえる午後の診察時間帯に拝見しています。
  • ご受診の際には、前もって予約をお取りのうえ、患者さんご本人と、患者さんのご幼少のころのご様子をよくご存じの方、また、最近の発作の様子をよくご存じの方々とご一緒にお越しください。
  • 普段の発作の様子を記録したビデオや携帯ムービーをお持ちいただけると、診断がしやすい場合が多いです。可能であればご準備ください。ときにビデオをお預かりすることがありますのでご了解ください。
  • 手術を受けるべきかどうか、かかりつけの先生ともよくご相談のうえ、これまでの症状や治療の経過を記したご紹介状をお持ちください。

術前検査

  • 外来で手術の可能性があると判断された場合には、まず検査入院(およそ2週間ほど)をしていただきます。
  • 主な検査項目は、脳波、CT、MRI(症状から推察される焦点部位に絞った特殊な撮影法も行います)、SPECT、PET(いずれも焦点部位推定に有効な場合があります)、脳血管造影(行わない場合もあります)、心理検査(記銘力や脳機能を客観的に評価します)などです。どの検査を行うかは、お一人お一人の症状や発作症候に合わせてテイラーメイドで決定します。
  • 脳波検査に関しては、必要に応じて蝶形骨電極(頭皮脳波にくらべて側頭葉内側の記録が正確に行える方法)を置いたり、また通常の検査室で行うものに加えて病棟での長時間記録(一晩から数日)を行います。脳波と同時にビデオで発作の様子を記録する場合もあります。

治療方針

  • 手術にあたっては、お一人お一人の症状や発作症候をもとに、各種検査結果を総合的に判断して方針を立てます。
  • 必要に応じて二段階手術も行います。頭蓋内電極留置(手術により脳の表面に薄い電極を置くこと)を行い、発作ビデオ−脳波同時モニタリング(写真)によってより高い精度で焦点を診断します。
  • 神経小児科スタッフのバックアップのもと、小児についても発作コントロールと発達・発育の向上を目指して積極的な治療を行います。

治療成績

  • 2002年末にこの分野の治療を開始して以来、延べ15人の患者さんが手術を受けられ、うち13人(87%)の方に発作消失または発作頻度の低下、発作重症度の軽減など、好ましい結果が得られています。
  • 術後、大きな後遺症を生じた患者さんはありません。記銘力や脳機能が改善した方が10人、不変であった方が5人です。

検査・治療にかかる費用

  • 検査入院に必要な費用(請求書に記される額)はおよそ15-20万円、外科手術を行った場合には、検査も含めておよそ60-120万円です。
  • 負担限度額を超えた部分は、高額医療費としてのちの申請により払い戻されますので、最終的な負担額は最大でも30万円前後です。
    高額医療費払戻制度については、こちらのウェブサイトをご覧ください。
PAGE TOP